読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友達

電車の中や、カフェなどで「私友達いないからさぁ。」とか「俺友達すくねぇからなぁ。」という言葉を時々耳にする。
そういう僕も良く言っている。

友達ってなんだ?
親友と友達って何処が違うの?

と思春期の男の子みたいな疑問を抱いてみる。

30代半ば位までは一緒にいて楽しく過ごせるのが友達、腹を割って何でも話せるのが親友、みたいに思っていた。
今でもその感覚は変わってないけど、20代の頃に比べて自分の中の友達いない感は確実に増している。

自分なりに分析してみると、僕は他者と共有したいんじゃないか、面白いや美しいやカッコいいといういわゆる価値観というものを共有できる他人を友達だと認識している。
歳を重ねてくると自分の価値観が固まってくる。すると他者とすれ違うのは当たり前だ。

あぁ、こうして人は孤独になっていくんだな。いかん、いかん。

しかし他者の価値観を受け入れる事は難しい・・・。

沢山友達いる人はどうしてるんだろう?どうやって折り合いをつけているのだろう?

こうして書いていると僕は自己承認欲求が強いのだということに気が付いた。
それを認めて受け入れていこう。

親友ができるのはいつになるのやら・・・。